こんにちは。
権藤優希です。

先日、友人と一緒に「篝」さんにラーメンを食べに行ってきました。

初めて行ったのですが、見た目は完全に割烹料理店か小料理屋さんのような佇まいのお店です。

店内も上品でオシャレで、本当にラーメン屋さんか疑ってしまいます。

こちらのお店は、あのミシュランガイドのビブグルマンを2年連続獲得しています。
開店以来、ランチや夜の時間は行列のない日はないというほどの人気店です。

一緒に行った友人に、まずは「鶏白湯SOBA」をお勧めされたので、その通りにオーダー。

オーダーしてすぐに、お箸、レンゲ、薬味が置かれました。
準備の時点で綺麗です。
ミシュランガイドに掲載されている有名店の仕事はこういうことだと実感しました。

そして、ついに「鶏白湯SOBA」が運ばれてきました。

すごい高級感のあるラーメンです。
鶏白湯スープが光っています。
もちろん、味も美味しく、気が付くとスープまで飲み干してしまいました。

私が心を動かされたのは、ラーメンが運ばれてくる前です。
お箸やレンゲもカウンターに纏めて置いて、お客さんに取ってもらう方がお店としても楽です。

ですが、「篝」は一味違う。

あえて各席ごとに綺麗に準備をするんです。
こういったサービスによって、一杯のラーメンの価値が高くなり、高級感が出るのだと感じました。

こういった準備って誰にでもできますよね。
でも、他のことが忙しくてやらない人もいる。
毎回、必ず準備を怠らず、やり続ける人がいいものをつくり、価値を提供できるのだと思います。

誰にでもできることを誰よりもやり続ける、経営の原点を思い出させてくれる一杯でした。

ご馳走様でした。
また食べに行きます。

MENU