褒め上手になろう

こんにちは、権藤優希です。

今日は褒め方について書きたいと思います。

 

褒めると言われても、実際にどこを褒めたらいいか分からない方は多いのではないでしょうか?

可愛いね!かっこいいね!等の表面的なことを褒める方は多いのではないかと思います。

 

でも、それがどこのポイントが可愛いと言われてると女性は嬉しいのか。どこのポイントがかっこいいと言われると男性は嬉しいのか。詳細まで含めて、人のどこを褒めたらいいか分からない方に、褒め方についてお伝えできたらと思います。


【褒めるポイント①:相手のステキなポイントのみにフォーカスを当てる】

当たり前のことかもしれませんが、その人の良いところだけにフォーカスすることが大事です。

例えば、太っちょの方がいたとします。

恐らく誰もが「お腹出てるな」と思うかと思いますが、褒めてはいませんね。

良いところにフォーカスすると「安心感あるね」になります。それだけで褒めのポイントが見つかります。

とにかく相手のステキなポイントのみにフォーカスを当てることが大切です。


【褒めるポイント②:相手の外見ではなく内面にフォーカスを当てる】

こちらも例をあげると、「その服素敵だね」と外見を褒めるのは簡単で誰でもできるかと思います。

もっと嬉しい褒め方をするなら、「その服素敵なんだけど、その服をチョイスしたあなたのセンスはもっと素敵だね!」と外見から内面にフォーカスを当てると、褒めのレベルが上がります。

 

皆さんの褒めのスキルが評価されると思いますので、実践してみてください。


【褒めるポイント③:髪、ネイル、服装を必ず褒める】

これは男性目線の話しになりますが、髪、ネイル、服装を必ずチェックしてください。

仮に何が変わったのか分からない場合、「何か変わった?」と聞いてみてください。

女性は努力しているので何か変わっているはずです。

女性から変えたポイントを教えてくれると思います。

男女問わずですが、努力したところを褒められると嬉しいものです。

男性も女性から「筋肉ついた?」「身体締まった?」と言われると嬉しいのではないでしょうか?

 

「何か変わった?」と聞いてあげるだけでも相手の自己重要感は上がります。

褒めるは自己重要感から来ているので、努力しているポイントを褒めることを意識してみてください。


【終わりに】

褒めるには、①褒める、②褒めちぎる、③褒め倒すの3段活用があります。

褒められて嫌な人はいないと思います。

 

上記3つの褒めるポイントを意識したら、目の前の人が喜んでいい人間関係・恋愛が作りやすいと思いますので、皆さんも意識、実践して褒め上手になりましょう。

MENU