こんにちは、権藤優希です。

 

2020年12月19日に第9回目の単独講演会を開催しました。

 

今回はコロナ対策のため、会場は限定50人とさせていただきました。会場には来れなかった方もZoomでの参加を可能とし、視聴できるようにしました。

 

今回のテーマは、「ニューノーマル時代のあり方」です。

前回の講演会の内容を交えて話しました。

 

今年はコロナの影響により、働き方が大きく変化しました。

皆さんも、何かこのままじゃいけないと考えた1年だったのではないでしょうか。

そう。

私達は新しい時代に慣れていく必要があります。

 

まずは、多様なコンテンツのオンライン化についてです。

会議や飲み会、娯楽、出会いなど。

先日の講演会でもZoomを活用しましたが、このZoomもコロナの影響で、とても注目されたコンテンツの1つとなりました。

大企業であるGAFAは、なぜZoomを買収していなかったのだと後悔しているそうです。

世の中のオンライン化は、今後も続いていくでしょう。

 

次に、信用です。

コミュニティーで、経済が成り立つようになりました。

例えば、伊勢丹というブランドにぶら下がっているお店はつぶれますが、顧客一人一人に手紙を送ったり、義理人情を大事にしているお店にはファンがいるので、お店は生き残ります。

私がプロデュースしている飲食店は、お陰様で順調に営業ができています。

顧客ではなくファンを獲得していたため、ご来店いただだくお客様も多数おります。

一般的になってきたクラウドファンディングも、この1つではないでしょうか。

 

世の中が、モノに響く時代から、理念・ストーリー・コンセプトに響く時代になってきています。

そのため、人々に共感や納得される媒体が売れています。

理解の中には納得感はありませんが、共感の中には納得感があります。

人は納得感がないと動かないので、共感が必要となります。

鬼滅の刃などは良い例になります。

 

この後は、前回の講演会で話した「なぜ損をしているのか」に続き、「損をしないためにどうするのか」をお伝えします。

 

①他人に主導権を奪われない

直感で動く人、マウントを取る人に巻き込まれてしまうと良いことはありません。

自分にしかできないことを行うことで自分主導になります。

 

②全員にいい顔することを諦める

この人の近くにいたら損をする。と感じる人には近づかないことが一番です。

できる限り離れて行動しましょう。

 

③なんでもハイと言わないようにする

「いったん確認します。」「いや、ちょっと…。」など、

何か依頼をされても上手く受け流したり、スルーすることも必要です。

 

④目的・目標が明確になっていること

最高の決断をするには、どうなりたいか(be)、何がやりたいか(do)、何がほしいか(have)を書き出すことが大事です。

情熱的な自分と冷静に観ている自分が必要なのです。

よく赤い炎と青い炎と言いますが、書き出していると冷静になり整理されます。

 

⑤なめられるな

泥棒に入られる家には原因があります。

いじめられてしまうのも同様に何かしらの原因があります。

その原因を解消しましょう。

 

⑥なんでも「そうだよね~」と同調しない

会議などで、どう思う?と聞いた時に、意見がない人には次から聞かなくなります。

ただ同調するのではなく、自分の意見を言い、さらに具体的なタスクまで提案し、僕がやりましょうかと自己主張を行うと良いです。

経営者は、あまり同調はせず、自己主張の強い人が多いです。

 

⑦関心事ではなく管理下にあるものに目を向ける

世の中の8割・9割が変えられないこと。自分で変えられることは1割・2割です。

管理下にあることへ目を向けることが差別化に繋がります。

高齢化社会、少子化、増税、AI化などは自分では変えられません。

日本は資本主義だからこそ、管理下にあることにフォーカスする必要があるのです。

 

⑧真面目になるよりは面白がる

人から頼まれたことを真面目にやる人が多いですが、自分自身で気持ちをコントロールし、面白がることができれば、それは自分の時間になります。

しっかりしなくていいから、ちゃっかりするといいのです。

この本いいよと進められると全部読む人が多いですが、私は目次を読んで面白そうなところだけ読んだり、「はじめに」と「終わりに」を読むだけの時もあります。

全て読み込むよりも、1・2個行動に移すことが大事なのです。

 

⑨見え方より、在り方

何を決めて、どういう行動を起こし、目標を達成し続けているか。

心の在り方をまず変えていくと、外側も自然と変わっていきます。

見え方を良くしても、心が満たされていなければ体にも限界がきます。

自分の心の状態で、物事の捉え方も変わっていきます。

 

この9つの行動を起こせば、損をしない人になることが出来るでしょう。

行動が先、自信があと。

魅力が先、結果があと。

 

まずは動かなければ何も始まりません。

動き方が分からない人は、是非、私の講演会を聞きにいらしてください。

心よりお待ちしております。

MENU