大切なコミュニケーションの要素「質問する」!<ポイントは、オウム返し>

こんにちは、シーマネジメント広報担当です。

前回までの大切なコミュニケーションの要素「リアクション」「話を聞く」に続き、今回は最後の要素「質問をする」について掘り下げていきます。

 

「リアクション」を取ることで相手が話しやすくなり、「話を聞く」ことで相手をより理解する。

自分が話さずとも、この相手の話を聞こうとする姿勢だけで、コミュニケーションは成立するのです。

 

それでは、聞くことにブラスするとさらに効果的な、「質問する」についてお伝えします。

質問をすることで話を掘り下げることができ、さらに相手をより理解することにもつながる。

とは言っても、「どんな質問をすると、いいんだろう」と質問が浮かばないという方もいると思います。

そんな方におすすめなのが、要所要所で「オウム返し」を使ってみることです。

「旅行の予定を立てたいんだけど、いつ頃がいいかで悩んでいるんだよ」

「ああ、旅行の予定を立てたいけど、いつ頃がいいかで悩んでいるんだね」

「そうそう、だからさ~」

という具合に、そのままオウム返しをするだけで質問したことになり、相手はどんどん話をしてくれます。

まずはオウム返しができるように、聞くことにエネルギーを注いで質問をする。

そこで質問が思い浮かばないときは、相手の言ったことをオウム返しする。

これだけで会話は続き、相手をより理解することができてコミュニケーションも成立します。

弊社代表の権藤からも、「大事なのは、説得より納得」と学んでいます。

自分が必要以上に話さずとも、コミュニケーションは成立するのです。

◆話さないコミュニケーションの詳細は、著書をチェック!

これまで、3回にわたってお伝えしてきたコミュニケーションの大事な要素。

・リアクション

・話を聞く

・質問する

こちらの詳しい内容については、権藤の3作目の著書『「話すのが苦手、でも人に好かれたい」と思ったら読む本』で確認することができます。

無口ながら、対面営業で世界第2位の成績をたたき出した権藤の自信作です。

▼気になる方は、こちらから▼

それでは、失礼いたします。

MENU