人間関係で悩まない人になるには!

こんにちは、権藤優希です。

   

前回、人間関係で悩んでいる方は、変えられないものは受け入れ、自分の管理下にあるものにフォーカスすることが大切だと述べました。

それでも、なかなかうまくいかないという方は、出来事を客観視できていないのかもしれません。

自分の主観でしか出来事を見ない方は、視野が狭く、いつも悩んでいます。

   

客観視するために、一番のお勧めは文章を書くことです。

文章を書くことは、視野を広げ、出来事を俯瞰的に見る力を高めます。

   

人間関係で悩まない人は、常にいろいろなケースを想定しています。

その時のベストな選択肢・行動が取れるような、網羅性を高めるには、書くことが有効です。

   

文章を書く時は、まず最も伝えたいことを決めます。

そして、その結論を導き出すために、起承転結を組み立て、骨組みに対して、肉付けをしていくのです。

   

書くクセが身につくと、最初から全体像をイメージしながら仕事ができ、全体を見失うことが防げます。

変えられないものに感情を左右されないために、普段から文章を書き、客観的にものごとを考える力を養いましょう。

   

MENU