ホワイトデーの準備は順調?考えすぎて不安になっている人は、要チェック!

こんにちは、シーマネジメント広報担当です。

ホワイトデー当日が近づいてきました。

今はアポ取りも済んで、当日のスケジュールやプレゼントを考えているという方も多いのではないでしょうか。

“良いホワイトデーにしよう”と考えれば考える程、相手を想う気持ちも高まっていき。

そして相手を想う気持ちが高まるばかりに、「このプレゼントで本当に喜んでくれるのかな?」「このスケジュールで本当にいいのかな?」なんて不安な気持ちに

今回は、そんな“考えすぎて不安になってきている方”は必見!

私が権藤から学んでいる、ポジティブに行動できる考え方をご紹介します。

◆「期待する気持ち」と「不安な気持ち」は必ずワンセット

「期待と不安はワンセット」__オンラインサロン『モテモテ塾』の主宰者でもある権藤から、私が学んでいる考え方です。

以前、権藤はこの考え方を「告白」に例えて話していました。

もし好きな人に告白をしたとして、その後の結果は主に2通り。

Yesという返事で付き合うか、Noという返事で振られるかです。

そして告白をしてから返事をもらうまでの間、この時間はとてもドキドキします。

なぜなら、心の中ではYesという返事への期待と、Noという返事への不安が共存しているからです。

また、権藤は併せて「バレンタインデー」に例えた話もしていました。

バレンタインデー当日には、好きな人からチョコをもらうという期待。

そして、好きな人が自分以外の人にチョコをわたすかもしれないという不安がある。

しかしこの時、好きな人のこと以外。つまり、周りにいる他の人が誰にチョコをわたすかについてはあまり関心がありません。

なぜなら、関心がないので期待をしていなければ不安もない。そのため、期待する気持ちの大きさと不安な気持ちの大きさというのはほぼ同じになる。

すなわち、「期待と不安は必ずワンセット」で存在するのだと権藤は語っています。

◆期待も不安も両方あるなら、期待することに意識を向けよう

“良いホワイトデーにしよう”と考えれば考える程、相手を想う気持ちも高まっていき。

期待する気持ちも、不安な気持ちも共に大きくなっている方は多いでしょう。

考えすぎるがあまり不安になってしまうのは、その不安と同じくらいの期待があるから。

心の中には同じサイズの期待も不安。

だとしたら、“期待することに意識を向けて”ホワイトデーの準備を進めましょう。

次回はホワイトデー当日のスケジュールを一緒に考えていきましょう。

それでは、失礼いたします。

MENU