チャイム効果

こんにちは、権藤優希です。

今日は、私が普段行なっているセルフコントロール法の一つをご紹介します。

気持ちの完了を知らせる「チャイム効果」です。

学校の授業の終わりには、必ず「キーンコーンカーンコーン」とチャイムが鳴り、先生も生徒も強制的に終了させようとします。

この「完了」を知らせる仕組みをつくることで、メンタルを切り替えることができるのです。

例えば、携帯のアラームを2時間後に設定して、「嫌なことが続いたので、この2時間は集中して落ち込んでみよう」、「この2時間はダラダラ過ごそう」と決めて落ち込むようにする。

2時間後、アラームが鳴ったら(チャイムの合図とともに)、その気持ちを完了させるのです。

仕事や恋愛でも良いことばかりではありません。

上司に怒られたり、彼氏とケンカしてしまったり、嫌なことも起きます。

「チャイム効果」を使って、その嫌なことを考え続けずに、自分の中で完了させます。

これはメンタル維持にとても効果があります。

大事なことは、自分でルールをつくって実際に行動することです。

嫌なことがあったときには、是非実践してみてください。

   

MENU