『「話すのが苦手、でも人に好かれたい」と思ったら読む本』出版記念講演会

  • LINEで送る

7月23日の記事でお知らせした通り、7月24日に三作目の著書となる

 

「話すのが苦手、でも人に好かれたい」と思ったら読む本

 

の出版記念オンライン講演会を開催しました。

前回のブログはこちら

 

 

大変ありがたいことに、『「話すのが苦手、でも人に好かれたい」と思ったら読む本』は予約段階で重版が決定。Amazonのプレゼンテーション部門ランキングで1位を獲得しました。

ランキングについて

 

講演会には、ゲストとして大嶋啓介さんがいらしてくださり、4連休の中日にも関わらず100名を超える方々に参加いただきました。

 

私はライフアクセラレーターとして、ひとの人生を加速させるために様々な事業を行っています。

大嶋さんは私にとって講演会の師匠と言える方です。

 

今回の本のタイトルにあるように、「話すのが苦手、でも人に好かれたい」と思ったら、大嶋さんはどうするのかを聞いてみました。

 

大嶋さんは「話すのが苦手でも、最高にいい気分でいることが大事」とおっしゃっていました。

 

とある報告で、どういう人と一緒にいたいか/いたくないかというアンケートを取ったところ

 ・一番一緒にいたいのは、いつもご機嫌な人

 ・一番一緒にいたくないのは、不機嫌な人

という結果が出たそうです。

 

波動共鳴で人は集まる

すべてのもの、人には各々波動(振動、周波数のようなもの)があり、その共鳴によって人は集まるということを教えていただきました。

 

いわゆる引き寄せの法則とは、同じ波動の人を呼び込むこと。

ポジティブな波動の人にはポジティブな人が、ネガティブな波動の人にはネガティブな人が集まるということです。

 

自分の波動が相手に伝わるため、話せない人は自分がどんな心の状態で、どんな波動を出しているかを気にした方がよいとのことでした。

 

心を鍛える

仕事、恋愛、スポーツ、人間関係、すべて心の状態がパフォーマンスに影響します。身に覚えのある方は多いでしょう。

 

大嶋さん曰く、特に朝の状態が非常に大事!

眠くてもっと寝たいときこそ気持ちを切り替えて早起きする。朝日を浴びてホルモンが出ることで、朝からワクワクする習慣を作っていくのだそうです。

 

私も朝から仕事はもちろん、仲間との時間を設けたりしますが、大嶋さんはなんと5:30に起きて6:00から350人規模の朝活をしているそうです。

 

朝活と言えば朝練という程、私も大嶋さんも野球が大好きで、講演会中も阪神の試合の実況中継を挟みながらお話させていただきました。

 

野球だけではありませんが、何事も心技体の成長が成功に関わってきます。練習や筋トレで技と体を鍛えることが多いですが、最も鍛えるべきは心であり、メンタルトレーニングとは常に心に意識を向けることと教えていただきました。

 

人が集まる与える人になろう

人生はお金と時間の使い方で決まる。

20代30代のうちから何にお金と時間を使うかで、その後の人生は大きく変わると大嶋さんはおっしゃいました。

 

大嶋さんは20代30代の頃、セミナーや研修に多くを投じ、自己投資してきたそうです。そして今では投資した分以上に返ってきていらっしゃいます。

 

学びの質は「どんな心の状態で聞いているか」によって変わります。

朝からワクワクして「よし、やるぞ!」と思って物事に取り組む習慣を作る。そしていい波動を与えることで、話すのが苦手でも人が集まる人になれる。

そう教えていただきました。

 

 

参加者からは恋愛の質問や、メンタルが落ち込んだ時の最速回復法、ワクワクする気持ちの維持の仕方など、多くの質問が出てきて、大嶋さんにお答えいただきました。

 

大嶋さんには私の塾生たちの学びの姿勢を褒めていただき、朝活のお誘いもいただきました。

大変嬉しく、ありがたいことです。

 

大嶋さんは話す前提としてとてもオープンで真実を話してくれるため、話がとても受け入れやすいので、私も参加者の方々も大変勉強になりました。

 

8月はバチェラーの司会で有名な坂東工さんとモテトークショー、メンズファッションバイヤーのMBさんとモテコーデなどのイベントがあります。

ぜひご参加ください。

 

  • LINEで送る